さぁ、次は何処へ行こう?

20代初心者カメラマン+ハーレー(FLHR)乗りの綴る、旅と写真と雑記のブログ

【広島・山口県】厳島神社・錦帯橋観光の定番・おすすめ「いろり山賊」を撮り歩く

【スポンサーリンク】


情緒あふれる観光名所らしい露天通りから失礼します、こんにちはジャギ丸です


今回は地元である山口県へ帰省し、家族で世界遺産厳島神社」が佇む宮島へ訪れております


一時期毎年のように訪れてたのですが今回は1月も半ば近く、ちょっと遅めの正月休みでの初詣に行ったと同時に写真を撮り歩いてきたお話です



参道は食べ歩きの名所



宮島は渡る橋が無い為、客船か宮島口からのフェリーしかアクセスする手段がありません


ただし正面口となる宮島口からは10分に一本感覚で運行しているので 付近で車を駐車し徒歩で船に乗り込むのが一般的です



厳島神社までの参道は飲食店とお土産売り場が立ち並び、「牡蠣」「アナゴ料理」「もみじ饅頭」等の豊富な立ち食いグルメが楽しめます



特にポン酢とレモン汁をかけて頂くこの「焼き牡蠣」


コレが類を見ない巨大サイズで、口の中で弾けるぷりぷり食感の身が何個も食べたくなる程の絶品


牡蠣嫌いの人々を次々と克服させる程の魔力を秘める厳島の賢者の石である



そしてもう一品、厳島名物の銘菓であるもみじ饅頭を丸ごとカラッと上げた「揚げもみじ」


外サクサクで中ふんわり、優しい甘さが口に広がるコレまた絶品なスイーツでした


私自身ここへ訪れるのも何十回目か分かりませんが、何度訪れても楽しい(主に口の中が)名所ですね



そもそも厳島神社とは?




参道を進みきった所で島の中心地であり世界遺産厳島神社、入場料300円を支払い本殿へと参ります



島自体が神様として古くから信仰と対象となっていた厳島


海の上に浮かぶ類を見ない構造の「厳島神社」の始まりは1200年程前とされており、平清盛により社殿を造営され全国に名を馳せたと言われております


厳島神社のご利益で一番有名なのは「交通安全(海上交通安全)」、その他にも受験に勝つ「学業成就」、仕事で結果を出す「必勝」、「安産」「家内安全・商売繁盛」「病気平癒」世界遺産らしく幅広いご利益を期待できるそうです


また祀られているのは女性の神様なので、カップルで行くと別れるという噂もあるんだとか



また海上にそびえる巨大な大鳥居は地面に埋めつけられてる訳ではなく60トンという自身の重みで自立してるので驚きですよね


今日は潮時が満潮で海水が満ちていますが、干潮時は歩いて大鳥居を潜る事も可能です



いろり山賊へ



随分長い前置きになってしまいましたね、此処からが本題である「いろり山賊」へやって参りました



錦帯橋厳島から割と近い為、観光客はセットで訪れる事が多いテーマパークのようなレストランです


外のお祭りのような大規模な飾り付けは、台風等の悪天候時以外は常に出ており春夏秋冬で季節毎に飾り付けが変わるので驚きですよね


一眼レフを持って訪れるのは初めてですね、少しばかり撮り歩いて行きましょう!



規模が大きすぎてよく分からないですが一応飲食店なんですよね、ここ



真冬の寒い季節には野外でもコタツで暖を取りながら食事が出来るのも、いろり山賊ではの魅力ではないでしょうか


何時もは座る席が無い程大混雑してるのですが、今日は時刻も平日の17:00頃と混雑前のせいか空いていて撮影し放題でした



両親も流石に真冬の寒さは応えるので、我々は室内の暖かい席で注文を取ることにします



定番「山賊焼」&「山賊むすび」




こちらが名物である鶏肉を極太の串を通し豪快に焼き上げ甘めのタレを付けて頂く「山賊焼き」、「山賊むすび」との相性抜群


何度食べても堪らなく美味しく、故郷へ帰ってきたなぁ…と思い返す味ですね


そんな特徴的な店作りが印象的な「いろり山賊」、宮島や錦帯橋への観光に訪れた際には大変オススメなので是非立ち寄ってみてはいかがでしょう?


www.irori-sanzoku.co.jp


【スポンサーリンク】