さぁ、次は何処へ行こう?

20代初心者カメラマン+ハーレー(FLHR)乗りの綴る、旅と写真と雑記のブログ

バイクとか1mmも興味が無かった人間が、7年ツーリングにハマりハーレー(ロードキング)まで購入する迄のお話③

【スポンサーリンク】


www.flhr-biyori.com


前回に引き続き、お送り致します。



京都府舞鶴」からバイクごとフェリーへ乗り込み、丸一日程波に揺られている


携帯の電波も通じない為、暇を持て余した同乗者と共に船の上からの夕日をのんびり眺める


もうすぐ夢にまで見た憧れの地だ



北海道一周と愛車との別れ




おぉ…!

おぉ…!!


おおおおおおおお!!!


写真は日本の後頭部である最北端まで続く「オロロンライン」


ずっと憧れだった始めて降り立つライダーの聖地「北海道」、何処を走っても地平線が見えそうな位続く直線道路は多くのライダーを魅了し続ける



こうして初となる北海道を旅は、ちょっとした拘りを持っており絶景が広がるポイントを走る時は晴れるまで待った


旅の詳細は書き出すとキリが無いので省略するが、この1ヶ月間の感動と掛け替えのない思い出は今も時折「本当に楽しかった」と思い返す


興味があれば、当時FCブログを書きながら旅をしていた物を移転した此方に掲載しております

▼ ▼ ▼

北海道一周記 カテゴリーの記事一覧 - さぁ、次は何処へ行こう?



こうして大きなトラブル無く北海道を一周したこの旅が「ドラッグスター400」との最後の思い出となった



ハーレー購入を検討



3年間ドラッグスター400に乗っていたが長距離走行、積載量、タンデム頻度の増加の上、過積載状態での高速道路や上りの急な峠道での走行は排気量不足でずっと不安を抱えていた


そしてアメリカン乗り乗りたる者、爆音じゃ無くていいので正直低音のドコドコ音が欲しいモノ


ちょっとだけドラッグスターの不満だった点はドコドコとマフラーから排気音を奏でそうなアメリカンな見た目をしてるのに、加速するとですね、ウィィィイインっていうんですよ


ドコドコ言わずウィィイイイインって


エアクリーナーやキャブ調整でハーレーをリスペクトした排気音に近づけれる事は知っていたが


流石にずっと乗れるか分からないバイクへ、1から高額なカスタムパーツを揃える気も今更起きない


そして老朽化に伴う交換パーツの増加も考え、だったら最初から大排気量である憧れの新車ハーレーに乗り換えれないだろうか


…という維持費の面は余り考えてないという頭の悪い発想でディーラーに半年程通い、悩みに悩んで出した結論がコチラ


…契約しちゃった☆


最初はヘリソフクラシック(FLSTC)を検討していたのだが、ディーラーに通えば通うほど「僕と契約してよ」と白い悪魔のような囁きが聞こえる全く恐ろしい奴である


詳しく書くと長くなるので、興味がある方は此方にインプレッションを掲載しております

▼ ▼ ▼

〜Harley-Davidson【FLHR】ハーレー ロードキングを半年間所持してみて〜再インプレ【10/10再編集】 - さぁ、次は何処へ行こう?


因みに新たな職場で働き出して間もない頃でしたが審査も普通に通っちゃいました、近頃は普通に学生でも通っちゃう程の緩さなんだとか


だからと言って私のようなアホ以外フルローンは本当にオススメは出来ないですよ、詳しく書くと長くなるので割合ですが頭金はある程度用意した方が良いと思います


同時にドラッグスター400は下取りとして10万円程の査定が付き旅立って行きました、今まで本当に楽しかったぜ相棒よ…


フルローンを抱えた上での維持費の感想は、ちょっと頭が痛くなるので今その話は辞めておきましょうね


そして結局ドコドコ音を鳴らす為には、中古の原付が買える額のカスタムが必要だと知ったのも後からの話でしたとさ(笑)



現在



こうして無事に三回の変身を遂げ、某宇宙の帝王であればツルッツルの状態となっているであろう最終形態の私ですが…










超楽しいっすよ!!


青空の下、交通量皆無の田舎道なんな走れば頭から変な汁分泌されて「控えめに言って最高」という感想しか出てきませんね、気持ち良すぎてアヘ顔モノですよまっくもう


最終的には東日本方面の興味がそそられ過ぎて一緒に上京しちゃう始末、頭悪いんだろうな俺と自覚しつつも


でもやっぱり大切なのは「思い出」じゃないかななんて、時間はお金じゃ買えませんからね


勿論お金も大切なんですけどね、と言うか欲しくない人なんて居ないですよね?(ゲス顔)


バイク代を投資に回したら将来楽して買えたとかそういう話は、やっぱり頭痛がするんで今はその話は辞めておきましょうか



…という薄っぺらい私がバイクにハマるまでのお話でした、「長年趣味にハマる人、それぞれドラマチックな出会いがあった説」を私的に抱えてるのですが実際どうなんでしょう?


【スポンサーリンク】