さぁ、次は何処へ行こう?

20代初心者カメラマン+ハーレー(FLHR)乗りの綴る、旅と写真と雑記のブログ

【山口県】角島へ海水浴に訪れた時、角島より土井ヶ浜海水浴場をオススメする3つの理由【2018年7/19日再編集】

【スポンサーリンク】



どうもこんにちはジャギ丸です


出身地が山口県である私が地元の誇る名所、角島の海水浴場の事について地元民の知る情報を書いていこうと思います


今後シーズンを迎えこの地へ海水浴を予定してる方へ、角島で楽しむ海水浴は是非最高の思い出としてお持ち帰り頂きたいので


大切な思い出の1ページのお手伝いも兼ねて、「角島の海水浴場」ではなく若干九州側に位置する「土井ヶ浜海水浴場」をオススメする理由を紹介していきます



そもそも角島とは?



山口県北西部に位置するエメラルドグリーンの海を豪快に一本の橋が貫く風景が印象的な観光地


バイク乗りには人気のツーリングスポットであり、TVCM等にも使われ見た事がある方も多いかも知れませんね


北長門海岸国定公園の範囲内で、本州では数少ない美しい海を求めシーズンになると全国から海水浴や観光に訪れる


大型連休時は橋を車で埋め尽くすほどの大渋滞が発生し、風の弱く晴れた午前中という意外と限られた条件で更にコバルトブルーの色が濃くなる美しい姿となる


夏場は高い確率で澄んだ海を見ることができる(因みに太陽が西に傾きすぎると光が水面で反射し澄んだブルーにならない)


豆知識だが橋を渡った先に土日祝日やお盆の繁忙期のみ営業を行う「美人海女の店」は破格で新鮮な海産物を楽しめる


www.flhr-biyori.com



この有名な「角島大橋」を渡った先に、県外から訪れた方が行きがちな海水浴場が二カ所あるのですが…


今回紹介するオススメなのが角島より手前側に存在する、タイトルの通り「土井ヶ浜海水浴場」



沖縄の海には負けますが、本州一綺麗とも言われるビーチで管理人も毎年季節になると遊びに行っておりました、ではオススメの理由を述べて行きます




浅瀬に広がる踏むと激痛な岩場が無い




角島の海水浴場ですが、陸上では分かりにくいですが丁度良い深さの場所に無数の岩場が広がっているんですよ


表面は尖ってはいないので怪我はしないものの、勢い余って踏むとツボ押し以上の激痛が走る


ひと夏の思い出を刻んでる最中に、こんな大自然の健康医療法で水を差されるのは誰だって勘弁ですよね


そして岩場の手前で泳げば回避出来ると思いきや漂流物の細かいゴミが凄い


遠目に見るとコバルトブルーの海なのですが入り江のビーチの為、形状的に集めてしまうのでしょう



超広い




(画像は公式HPより)


角島のビーチの問題点は狭い、とにかく狭い、土日祝日は見苦しいほどの人口密度が形成されます


一方「土井ヶ浜海水浴場」のビーチに関しては約1kmを誇る


県外からの海水浴客は大体角島へ流れるので割と空いており、平日に関しては澄んだ海を独占できる様な錯覚を起こす程の快適性


駐車場もそこそこ広くキャンプ場まで併設されている場所も、ひと区間500円で借りれる日除けテントも避難場所として嬉しいポイントです



海の家がオシャンティー




角島の海水浴場は海の家が無いので、代わりに併設される道の駅的な施設を利用する事になる(ここの駐車場が毎度停めれないくらい一杯になる)


一方、土井ヶ浜海水浴場の一番目立つ海の家波乗りジョニーでは、バーの様なお洒落な海の家でお酒から軽食まで楽しめます


日によってはイベントも開催される様子で後処理が大変な浮き輪やバーベキューセットの貸し出しも行なっており、何故か忘れる訳が無い水着まで売ってる徹底振り


泊まった事は無いですが格安で宿泊も出来るようですね


▼公式HPはこちら

www.naminori-johnny.net



海水浴にお勧めのアイテム&サービスの紹介




折角日本本土No1を誇る海水浴場に行くのならば、アメリカで流行りの水中で鼻でも呼吸できるフルフェイスタイプのシュノーケルマスクを試してみてはいかがでしょうか


人それぞれ顔の大きさが違うので水の侵入を防ぐためサイズ選びは慎重に!またGoPro等の防水アクションカムとドッキング可能です



近年では似たような安価なアクションカムが人気みたいですね



そして海水浴で悩まされがちな携帯や財布などの貴重品管理問題もこちらの防水ウエストポーチが大活躍、値段も手ごろなので転ばぬ杖の先として事前に準備しておくことをお勧めします



最後に




ここまで書いておいてアレですが、角島の橋を渡った先の海水浴場もロッカーやシャールーム等設備がしっかりしており「角島で泳いだぞ!!」という感覚が強く残る良い海水浴場です


どちらも本州では屈指の透明度を誇るビーチ、楽しんだ後はしっかりゴミを持ち帰り何時迄も綺麗な海を残して行きましょう



【スポンサーリンク】