HARLEY-DAVIDSON ローキン日和

マイハーレーFLHR(ロードキング)で平日の休日を四季折々ぶらり旅 撮影はiPhoneのみ(不本意)でお送りする主にバイクと雑記のブログ‬

【神奈川県】鎌倉、江ノ島ってどんな所?観光してみた感想(鎌倉編)

【スポンサーリンク】



こんにちはジャギ丸です


www.flhr-biyori.com


前回の江ノ島編からの続きの記事となります



江ノ島駅から江ノ島電鉄線を使用し数十分程で終点の鎌倉駅へ到着


ここまでの車窓が丁度夕日が眩しい海を見渡せる綺麗な景色で実に旅心が掻き立てられる…!


駅自体も大きく綺麗な作り、そして実に観光地らしい雰囲気が漂う



小町通り



鎌倉駅東口を出て左手に見える鳥居が目印、鶴岡八幡宮まで続く歩行者天国の商店街「小町通り




ご覧のような昔ながらの雰囲気を残しながらもお洒落な雰囲気が漂う、デートには持ってこいですね


また、この「小町通り」は食べ歩きの名スポットで有り数多くの食べ歩きグルメを楽しめる観光スポット


炭火で一枚一枚手焼きした出来立て煎餅を味わえる「鎌倉壱番屋


今回食べ歩いたのは煎餅のみだが、一周歩いただけでも食欲唆られる様々な食べ歩きグルメを数多く確認


訪れる時はしっかり腹を減らして回ってみたい所ですね



イワタ珈琲




さて今回唯一リサーチしておき唯一訪れたのが、駅から見える鳥居をくぐってすぐ右手の「イワタ珈琲」


知らなかったのですが鎌倉で一番有名な喫茶店で昭和23年から続く老舗、ビートルズのジョンレノンも訪れた事があるんだとか



そしてこのお店の看板メニューは、長年レシピを受け継がれて来た昔と変わらぬ製法のホットケーキ


入店前からホットケーキのオーダーを受け付ける程であり、訪れた人は必ずと言っていいほど注文するのだろう


お昼付近はかなりの行列が出来るらしいが、平日の夕方と微妙な時間帯だったせいか並ぶ事なくご案内される


店内は年期が入ってながらも昔ながらの小洒落たカフェといった印象、老舗感が伝わってきますね



実にインスタ映えするこちらが現物、上から撮ってるので分かりにくいが結構厚みがありホットケーキらしくない高さを誇る


ナイフを入れた感覚は表面はサクサク中はふんわり、口に運ぶとカステラに近いシンプルでどこか懐かしいほどよい甘さが広がる


また結構な量を誇り2人でシェアが丁度良いサイズ、彼女と半分こだと丁度良かったが1人だと食べれる自信は無い



また知らなかったのですがホットケーキとは別にワンオーダー制、こちらの「りんごタルト」を注文


フルーツの甘みがなんとも言えない甘党には堪らない一品、流石老舗だけありハズレが無いですね



鶴岡八幡宮




先程の小町通りを抜け観光客の群れについて行くと大鳥居が現れる



鳥居を抜けると源氏ゆかりの神社であり鎌倉を代表する観光地「鶴岡八幡宮」、約1000年近い歴史を誇り武神の神として祭られるんだとか



参道を歩いていると最初に現れるのが、こちらの「舞殿」



歴史の事はあまり詳しくはないのですが何も知らなくても感じる程立派な建造物である


結婚式や催し事もここで行われるようですね



この階段を超えた先が本宮である




鶴岡八幡宮本来のメインストリートは小町通では無くこちらの参道、帰り道はこちらを通ってみる


こちらも後から知った話だが徐々に道の幅を調節することにより実際の距離より長く見えるよう作られているんだとか


両サイドの並木は全て桜なので、春には奥行きのある美しい風景が見られるのでしょう



感想



実に食べ歩きの楽しいグルメ好きには堪らない昔ながらも何処かお洒落な雰囲気の観光スポットであった


こんなに商店街で賑わってるとは思いもしなかったので良い意味で期待を裏切られましたね


残念ながら今回は昼食から間もない時間に訪れた為、全然立ち食いを楽しめてないので次回訪れるときはしっかり腹を減らしてリベンジしたい所


またお洒落でスイーツを扱うお店も多く立ち並んでる為か女性観光客も多い印象、こちらも江ノ島同様デートにはぴったりでしょう


こちらもサクッと回れるので観光目安時間は2~3時間、江ノ島とセットで都内からの日帰り観光には丁度良い時間配分


特に今回は事前に現地情報を殆ど調べずに訪れただけに良い意味で期待を裏切られ続けた観光でした、見知らぬ名所へ出かけるのは本当に楽しいですね


【スポンサーリンク】