HARLEY-DAVIDSON ローキン日和

マイハーレーFLHR(ロードキング)で平日の休日を四季折々ぶらり旅 撮影はiPhoneのみ(不本意)でお送りする主にバイクと雑記のブログ‬

【レビュー】コールマン テント ツーリングドームST [1~2人用] を2年間ぶっ壊れるまで使い倒した感想

【スポンサーリンク】



こんにちはジャギ丸です、今回は旅の必需品テントで約2年間文字通り使い倒した「コールマン」ツーリングドームテント



これまで北海道や九州等、管理人の旅を支え続けてくれた重要アイテム、やはりキャンプ場では被りまくるだけありバイクキャンプツーリングでの使い勝手は抜群、リピート購入したいと思える商品である


そんな「ツーリングドームST」を使用し続けて良かった面、悪かった面も含めて使い倒した感想を書き出していく



設営・撤収の簡単さ



取り出しただけで勝手に組み立てられるワンタッチテントには設営の容易さは及ばないものの、後に記載する前室やフライトシートが付きポールを組み立てフックを引っ掛けるだけという簡単さで設営が出来るのがポイント


本当に初めてテントを設営する場合は一度組み立て方を確認しておいたほうが良いが、慣れれば本体自体は10分程度で設営が可能(ペグ別)


写真は別の商品である格安テント


写真のような超格安テントにありがちな中通しタイプは上手くポールが通せず無駄に時間が掛かるのがストレス、特に結露等で濡れた場合は最悪


撤収に関してはフックを外すだけなので設営より更に短時間で収納が可能となる、撤収時のデメリットを強いて言えばフライトシートの裏側に結露が付きやすいので乾かす手間が必要な事くらいだろうか



広さ




大体寝袋を二つ並べれるくらいの広さ、お世辞にも広いとは言えないが一人で過ごすなら十分。使用者が小柄で寝るだけなら2人まで行けるが天井がやや低いので使用者が大柄の場合は狭く感じるらしい



超便利な前室




正直コレ無しのテントを使うなんて考えられない


場所を大きく取られる荷物を全てぶち込める、衛生的に室内に置きたく無いが外に放置すると濡れる靴やカラスに荒らされるゴミなんかも丁度良い収納場所となる


長旅時の雨天でも、このスペースで炊事が可能(一酸化炭素中毒になり大変危険なので窓は開けましょう)



手ごろな値段



テント自体の完成度が高い物は他メーカーでも多々存在するが、やはり大切なのは値段


大体1.5万前後で手に入るので安い宿に泊まらずツーリングに使用する事を考えれば、大体3回以上使えば元は取れるだろう


欠点


ビックリする程大きな欠点は無いが、強いて言えば欠点となる部分をまとめてみた



あまり内部の高さが無い



純粋に頭をぶつけます


身長の高い方は特に気になると思われる



フライトシートの向きが分かりにくい



設営時フライトシートをかける時、慣れるまで紛らわしい部分が多く前室側と逆にしてしまったったりと少し分かりにくい


ぶつけ本番だと大苦戦で貴重な時間を食う可能性があるので、初めて使用する場合は事前に確認しておきたい



付属のペグは直ぐ曲がる



おまけ程度の物なので仕方ないですが、固い地盤等で何度か使用すると確実にダメになるので別途購入をお勧めします



余裕があればこちらのペグを持ちたい、最低二本あれば外れやすい前室部分に便利



まとめ



このテントの良い所は必要な物は全て揃って値段もソコソコ安いというバランスではないかなと思います


また使用時最初は気にしてなかったのですが、デザインも格安テントのようなダサさが無く写真映えも悪くは無いのもgood。室内に二カ所設置された小物入れも何かと便利


収納時は完全に小さくなるとは言い辛いので収納が限られている車種では大きさが気になるかもしれません、また重さも軽いとは言えないので登山には向いてないでしょう


ただバイクの場合は重さはあまり関係ないので大きな不便は出なかった良いテントでした、是非長距離ツーリングや長旅にもお勧めできるテントだと思われます


【スポンサーリンク】