HARLEY-DAVIDSON ローキン日和

マイハーレーFLHR(ロードキング)で平日の休日を四季折々ぶらり旅 撮影はiPhoneのみ(不本意)でお送りする主にバイクと雑記のブログ‬

【首都圏ツーリングプラン利用感想】気になっていたETCゲート表示料金、利用額、ツーリングスポット候補等

【スポンサーリンク】



こんにちはジャギ丸です、今年から始まった「首都圏ツーリングプラン」

www.flhr-biyori.com


ただ事前にETC本体の番号を控えたり等面倒なのと、登録の手順が若干面倒だったりするので利用した管理人も本当に大丈夫か…?と半信半疑でした


結果から言えばちゃんと手順通り手続きすればバッチリ利用料2500円だったので、行先にもよりますが使用範囲内ギリギリまで高速道路を使うのであれば間違えなくお得なプランだと言えるでしょう


と言う訳で今回はプランの使用の際気になっていた事、利用感想を書き出していく



気になっていたETCゲート表示額



今回のような高速道路の割引プランの利用は初めてなので慣れないながらも、ネットで調べ物をしながら慎重に手続きを進めた


登録の際にはETCカードナンバー、ETC本体ナンバー、車体ナンバー等が必要なので番号を控えてなければ登録が少し面倒である


携帯で写真を撮っておけば後々楽になるでしょう


番号を控えていれば高速道路に入る前の当日でも予約が可能である、高速道路に入らなければ自動キャンセルらしいので天候不順で中止になった場合でも安心ですね


高速道路に乗り込んでギリギリ適応内であるICからETCゲートを潜ったのだが


ご覧の画像はギリ範囲内の碓氷軽井沢IC


表示された金額はご覧の通り、この時は「ファ!?」って感じでした


その後の請求額


これも結果としてはゲートの表示金額は気にしなくて良いみたいですね


首都高速の適応範囲が分かりにくいのだが、外環自動車道もプラン内なのかな…?



二日間合わせて2500円らしい



一日2500円で二日間合計5000円ってのを何処かのサイトで見かけたが、そんな事は無く二日間乗り放題で2500円


先程の碓氷軽井沢ICなら片道で元が取れてしまいますね、また乗り降り自由なのでガソリンがピンチでも気軽に高速から降りれるのもgood!!


今年は異例の雨続きの関東地方、どうしてもバイクに乗れなかった人も多かったと思われるがツーリングプランの利用者が増え、高速道路の二輪料金料金値下げへの後押しとなる事を願うばかりである



ツーリングプランお勧めスポット




そして今回のツーリングプランの要注意事項は目的地によって、四つのエリアから一つを選択しなければならない、選択外の高速を利用した場合別料金となる


予約するHPも各エリアによって変わるので要注意である、特に東名・中央道コース予約が間違え易いので当ページではエリア毎に公式HPへのリンクをご用意


管理人も行った事が無い場所も多数なので、お勧めと言うより行きたい所に近いが今回のツーリングプランを利用するのに役立てれば幸いだ




東名・中央道コース





ツーリングスポット候補

・富士山周辺(富士五湖富士スバルライン朝霧高原

・伊豆スカイライン

芦ノ湖箱根スカイライン

八ヶ岳高原ライン


東名、中央道コースは富士山周辺と伊豆、熱海を満遍なく満喫するにはもってこいのコース


伊豆スカイラインに関しては地味に範囲外、走りに行く場合二輪の事故が多発し二輪通行止めの危機の為安全運転を心がけたい


富士山周辺に関しては須走まで利用可能で、尚且つ乗り放題なので簡単に元を取ることができるだろう


www.flhr-biyori.com



公式HP予約ページはこちら

hayatabi.c-nexco.co.jp



関越道・上信越道東北道コース






ツーリングスポット候補

軽井沢周辺(妙義山等)

・滋賀草津道路

・美ヶ原・霧ヶ峰

秩父


群馬県、長野県の有名観光地までのアクセスし易いプラン、標高も高くなるので今後防寒対策が必須になるだろう


各地で良質な温泉を堪能できるので、今後紅葉狩りとセットで楽しみたい


www.flhr-biyori.com


公式HP予約ページはこちら

www.driveplaza.com



東北道常磐道コース






ツーリングスポット候補

・戦場ヶ原~いろは坂

・霧降高原

・小瀬ヶ原

・日塩もみじライン

国営ひたち海浜公園


範囲ギリギリが宇都宮ICとなり、日光宇都宮道路が範囲外で地味に使いにくいプランになる


若干料金が上乗せになるが日光の観光名所を巡るなら当プランで目的地直行が全プランで最速


ツーリングで戦場ヶ原~霧降高原までの走りを楽しむのであれば関越道・上信越道東北道コースで沼田ICから国道120号で目的地に向かうルートがお勧めだろう


公式HP予約ページはこちら

www.driveplaza.com



東関東道・館山道コース






ツーリングスポット候補

・海ほたる

九十九里浜

・房総フラワーライン


アクアラインも範囲内であり、地味に範囲外だが九十九里浜付近にもアクセスしやすい海に飢えた都民には嬉しいプラン


房総の海岸線等、行く機会の少ない千葉県南部もお得に走れるチャンスである



公式HP予約ページはこちら

www.driveplaza.com



最後に



雨続きで折角解禁されたツーリングプランもバイク日和な天候が無いに等しい今年の夏だったので、これから紅葉シーズンに突入する秋のツーリングで利用者が増加し二輪料金値下げへの後押しとなることを願うばかりである


手続きが少し面倒だが通常より大幅にお得な今回のプラン、是非ガンガン利用して秋のツーリングを楽しんで行きたい



【スポンサーリンク】