HARLEY-DAVIDSON ローキン日和

マイハーレーFLHR(ロードキング)で平日の休日を四季折々ぶらり旅 撮影はiPhoneのみ(不本意)でお送りする主にバイクと雑記のブログ‬

【タイヤインプレ】ミシュラン コマンダー2を穿いてみた感想

【スポンサーリンク】




こんにちはジャギ丸です、前回のタイヤ交換から早くも2ヵ月経過し徐々に新しいタイヤの感覚が当たり前になってきました


www.flhr-biyori.com

前回タイヤ交換記事


本当は他にもタイヤ持ちが良いと噂の「メッツラー」社のタイヤも気になってはいたが、レビューやインプレを見る限り一番評判の良いらしい今回のミシュラン コマンダーⅡ」を選択


そして早くも履き替えて、走行距離も2000キロ近くを走りこんだので純正タイヤとの違いや履いてみた感想を書き出して行く




振動が減った?




まず変えて真っ先に感じた部分、信号待ち等の停車時のアイドリング中やけに静かになったなと思ったら振動が激的に減った…ような気がする


この部分に関してはアイドリング中はハーレー独特の振動を楽しめ、高速走行で振動が減るラバーマウントフレームのツーリングモデルで折角の振動を殺してしまうので賛否両論あると思われるが、個人的には不快な印象は受けなかった


そして走行中の振動も減ったような気がする、長距離走行の多いツーリングスタイルの管理人には疲れを軽減するという面ではプラスポイント


そしてカーブ走行時には何とも言えない走行の滑らかさが感じ取れる、恐らく純正ダンロップタイヤはサイドウォールをわざと固く作っている為履き替えた後の感覚の違いだろうか



皮がなかなか剥けない



ドラッグスター400等過去の相棒も含め、今まで乗ってきたバイクでは新品の証であるタイヤのヒダが500キロも走れば大体吹き飛んでいた


だが今回の「ミシュラン コマンダーⅡ」は何度タイヤを見てもしぶとく生き残っている、それも都市高速や高速で三桁台の速度で走行してるにも関わらずだ


2000キロ超えて大体無くなったのだが、関係あるか謎だが持ちが良いと評判だけあり摩耗に強い印象を伺えた


年間2万キロ手前は毎年走る管理人なので、タイヤの持ちに関してはこれからが楽しみなタイヤである



道路が湿るとかなり滑る印象



履き替えて走行距離2000キロ手前で、山道のワインディングロードでしっとりした雨にヤられ路面が濡れてる状態で1時間走行したがケツが滑る滑る


2000キロ手前で慣らし運転が終わらない程タイヤの持ちが良いのかは謎だが、一応深めの溝で排水性能を高めてるタイヤであるはずだが…


管理人は現状では路面がウェット状態の場合かなり気を使いながらの走行となったので、特に雨天時のグリップ力に関しては正直微妙と思われる


基本的には雨予報ではツーリングを中止する上、峠道をガッツリ走り込むようなスタイルの車体ではないので予想外の雨以外では気にならないかもしれない



まとめ



まだ走行距離2000キロと正直まだ分からない事が多いタイヤなので、2~3万キロ軽く持つ財布に優しいタイヤとのレビューを多く見かけたのでこれからが楽しみである


もしタイヤ持ちがレビュー通りとするならば年間数万キロ走り込むロングツーリングが中心で、悪天候時は走らせる予定が無く振動による疲労が軽減されるのが嬉しい方にはお勧めできるタイヤではないだろうか


特に長距離を走ること前提として作られたツーリングモデルのハーレーとは相性が良いのではないだろうか


そして相性が悪いのは、街乗りや近場のツーリングがメインで峠道をがっつり走り込みたいタイプの方だろう


そんな方々にはグリップ力がダントツと噂の「ピレリ ナイトドラゴン」が評判が良いとかなんとか、詳しくないけど…


また純正ダンロップのタイヤの強みとしては、わざとサイドォールを硬く作っておりパンク等緊急時に少しでも移動出来る構造というのは安全面でも無視できないポイントなので敢えて純正を履き続けることも選択肢の一つだろう


もし管理人が数ヶ月旅に出るとなったら、バランスの良い純正タイヤに履き替えるかな?


ただここまで書いておいてアレだがビックリする程変化した…!と言うような感想は今のとこ正直無い


長い目で見るインプレになりそうなので、今後走行距離を伸ばす毎に感想を追記予定


【スポンサーリンク】