HARLEY-DAVIDSON ローキン日和

マイハーレーFLHR(ロードキング)で平日の休日を四季折々ぶらり旅 撮影はiPhoneのみ(不本意)でお送りする主にバイクと雑記のブログ‬

【FXDB】ダイナ・Street Bob®(ストリートボブ)2017年モデル 試乗インプレ

【スポンサーリンク】




ツーリングへ行きたいが金欠でする事がない…しかし勿体無いくらいの天気でバイクに乗りたい!


そんな時はふらっとハーレーのディーラーへ試乗する事が多々ある管理人事ジャギ丸です


今回試乗したのは抜群のルックスとハーレー独特の鼓動感を最高に楽しむダイナファミリーに属する、無駄な物をすべて取っ払うコプセントの元作られたStreet Bob®(ストリートボブ)2017年モデル


今回は一時間程、交通量の少ないど田舎の特権を生かしスピードの強弱をつけて走行してみた感想を綴って行きます


目次




【スポンサーリンク】





ルックス、ライディングポジション



まずはこの2017年モデルの見た目、何枚か撮影してみた




全体的にマットブラックな質感で洗礼されたデザイン、特にタンクデザインが管理人好みでかっけぇ…!!




ハンドルは純正でチョッパーに近いスタイルで、フラットなハンドルのバイクを運転してきた管理人は最初違和感があったが意外と走行しやすい


ただウィンカー操作が若干し難い印象、そこは慣れや姿勢の問題だったのかもしれない



振動



まずはアイドリング時、流石ダイナファミリーだけ有りハンドルからの振動が堪らなく心地よい


信号待ちでニュートラルに入れ手を離すと、震え上がったハンドルの残像が見えるほど


走行中の振動に関しては、無駄な物を排除し身も心もバイクと一体となるというコンセプトなので少し飛ばして走行してみたが高速走行は意外と振動が少ない


3〜4ギアで60キロ前後のゆっくりトコトコ走行がステップからの振動が全身に伝わり、一番面白いステージだと感じた




特に棒状のステップに足の土踏まずのガッシリ噛ませれば、エンジンからの心地よい振動が全身を駆け巡る


この血行が良くなりそうな気持ち良い振動がダイナファミリーを愛好する方々の心を捕らえて離さないのだろう


因みにギアシフトはシーソー型ではない為、ニュートラルに入れるのに若干苦戦した 笑




排気音



上り坂の加速でパパパパパッと鳴るのが分かるくらいで全体的に純正マフラーサウンドは少し物足りない印象、気になる方は交換必須かもしれない



エンジンは今回の2017年モデルでは1690ccのツインカムエンジン、2016年との違いは見た目くらいでしょうか?


2016年式ローライダーに一度試乗したが運転走行の違いはよく分からなかった


またこのストリートボブの良い点としては価格が約190万とハーレーのダイナファミリーの中では比較的安価な部類に入る事だろうか

それでも高額感は否めないが…



まとめ



やはりダイナファミリーらしいエンジンの鼓動を感じれる、下道のスピードで流すのが楽しいバイクでした、揺さぶられる振動が堪らなく心地よいですね


また必要最低の装備でシートが1人用等、純正マフラーが静かめという点も有るのでカスタムし自分だけのバイクを作り出す余地がある点でも楽しい車両かもしれない



ディーラーの帰り道で一枚パシャっと、今はバイクに乗りには丁度良い気温で心地よいですねぇ


GWの季節まで間近なので、初夏の気温まで上がるのももう少しですね。




【スポンサーリンク】