HARLEY-DAVIDSON ローキン日和

マイハーレーFLHR(ロードキング)で平日の休日を四季折々ぶらり旅 撮影はiPhoneのみ(不本意)でお送りする主にバイクと雑記のブログ‬

【2015年過去の旅】ドラックスター400で北海道一周記 7日 知床〜野府半島編

【スポンサーリンク】




午前5時半頃起床、昨日記事更新中寝落ちしたらしく、明かりがついたままのスマホが転がってる




充電もうないやん!




まずさっさと記事を更新する、この北海道シリーズの記事ですが元はFC2でリアルタイムで更新を行なっていたのである




そして気づけば時間が7時頃、やばい




天気が良好なのが今日までらしいので、トドワラ、開陽台、神の子池と押さえておきたいとこが目白押しなのである




7時半くらいで出発、先ほどの姉ちゃんと別れを告げ、昨日は寒すぎて楽しめなかった知床峠とスルーした観光名所を回収する




また昨日の教訓を生かし、今回はこの旅持ってきた中で、最強の防寒装備を整え出発する




…とその前に、ツーリングマップに載ってるヒカリゴケというのが近くにあるらしいので先に見物しておこう




ちょっと迷子になりつつも辿り着く




えーと、遠すぎて光ってるかどうかすら謎なんですが 笑




こんなの分かるかww




近くを見ると落石のため立ち入り禁止との看板が、なるほどね




気を取り直して知床峠






日本最後のフロンティア、綺麗ですね




帰りにもまた写真を撮るので、取り敢えず昨日通り過ぎた気になるところへ向かう




途中「三段の滝」なる場所へ




うん…地味…




そしてここでコンタクトレンズが動きまくるというトラブルに悩まされる




取り敢えず目薬でヒタヒタにして、ゴーグルサングラスをかけるとだいぶマシに




長旅で2週間使い捨てコンタクトレンズは正直使用感は微妙ですね…




次はこの近辺、「オシンコシンの滝」へ




こっちは結構迫力があってすげぇ!




上まで行けるみたいだが、だいぶ歩きそうなので、時間も推してる為また知床峠




途中なんか亀みたいな島があったり




先ほどの撮り損ねた写真の回収へ向かい、現場へ到着




「!?」




天候変わりやすいってレベルじゃねーぞw




さっきここ通り過ぎたの30分前なんですけど…




一番撮りたかった景色が真っ白である




ま、いっか…




そして峠を下りて次の目的地、野付半島「トドワラ」へ向かう




しかし空がだんだんダークネスな感じに…




うーん…見事なまでに曇天な上、完全冬仕様の装備で貫通する寒さ




仕方なしに延々と続く道を数時間凍えながら走る、流石試される大地、1つ1つの目的地が果てしなく長い…




キンキンに凍えて疲れ果てながらも、野付半島なるとこへ




ススキが綺麗なんでしょうが、寒すぎて景色を楽しむ余裕もありません




見慣れない植物が沢山生えてましたが、今となってはどうでもよい 笑




そしてトドワラへ




不思議な雰囲気のとこへ辿り着くが、それよりダメだ…寒い寒すぎる




近くに休憩所と飯屋の合体した施設を発見、あったかいものを食べよう…




注文したのは海鮮ラーメン1080円




実食…うめぇ…そしてあったまる!!




カニやホタテ等、北海道ならではの、海鮮の食材がたっぷり入った塩ラーメンである




しかもカニは出汁を取る為の殻だけかと思いきや、思ったらしっかり中身詰まってる!




ふぅ…汁一滴残さずごちそうさまでした!




帰り際に震えてたライダーとちょっと話こむ、現在の気温と強風にお互い怒りを共にする 笑




ラーメンで温まった所で、この辺りをゆっくり見て回る




年々海水の侵食のため、このトド松ってのが枯れてるらしい、あと数十年後には無くなるかもしれないとか




この後ライダーの聖地、開陽台に向かう予定だったが、天気が良い感じにクソなので、少し戻ってサロマ湖付近のバイク屋でオイル交換することにします




にしても





こんな道が普通にありふれている、それも何十㎞と…




凄いし絶景だよ?凄いけど今凍え切ってるこの状態では苦痛でしかない 汗




飛ばしても飛ばしても20分くらい軽くずっとこの景色、試され過ぎる大地である





途中このクソ寒い中ひまわりが咲いてるという謎光景を見つけたりしながら




バイク屋さんへ到着、無事できるか不安だったが、気さくな人ですんなりやってくれた、感謝感謝




待ってる時にオーナーの奥さんらしき人と話してると、かわいい娘さんにトマトを貰いました




この旅、完全なまでにビタミンが足りなかったから助かる!!しかも甘い!




この子、聞けば4歳らしい、一番かわいい時ですね(^^)




オイル交換も無事して頂いて、心なし相棒も調子が良くなった気がする我がドラスタ




だいぶ無理させてんな…ハイオク入れてやっから頑張ろうぜ




そして広大な大地を駆け巡り、着いたのは今回の宿、ライダーハウスクリオネ




受付を済ませ中に入ると、すでに何人かが大きなダイニングのような談話室で雑談してる感じ




システムがよくわからん…




とりあえず髪が伸び切っている、慣れた感じの人に聞くといろいろ教えてもらえた




聞けばここに一ヶ月半住んでる泊まっているらしい、まじかw




にしてもここのライダーハウス、設備が本当に凄い




一階は大きな談話室で、二階は就寝室、大きくベッドルームと和室に分かれており、ベッドルームはいびきが大きい人専用




そして別館に女性用就寝室が建っている




漫画ルームや消灯後も騒ぎたい人用に「だべり部屋」なんてのも用意されている




しかも漫画のラインナップも新しいw




漫画ルームには子猫が4匹、かわゆす(^^)




そして手作りの掛け流しの檜風呂温泉も入り放題




バイクの駐輪場は雨風凌げる巨大なガレージ




これで一泊500円である




もう一度言う、500円である




しばらく知り合った旅人達と雑談を交わしてると、ゾロゾロ入ってきて最終的には数え切れないくらいの人数へ、すげぇ!!




中には昨日ライハで一緒だった姉ちゃんも!あら奇遇!!




本当に色々な人がいる




バイクで関東地方から3日でここまで来た人




3年間かけて日本一周をしている、バイクがハウルの動く城と化してる方




ママチャリで日本一周してる人




原付で北海道を回ってる大学生




オーストラリア出身の歩いて旅してる外国の方…




なんだここすげぇえええ




年代は学生からおじさんまで老若男女、でもみんな旅人!同じ目的で北海道に来てるので打ち解けるのに時間はかからない




一声目は何処からですか?って感じで話が広がる




何人かは連泊してる人がいて、中には一ヶ月とか1シーズン住みに訪れる人まで居るんだとか




毎年くるので常連さん曰く、彼らは渡り鳥なんだそうw




明日からは天気が悪いので自分もしばらくここにいる形になるだろう




それにしても最高に居心地の良いライダーハウスである




翌日は天候不順の為、記事を書くネタが無いかもしれない




翌日へ…




www.flhr-biyori.com




初日はこちら

www.flhr-biyori.com




【スポンサーリンク】